保育士が長く働ける環境にある職場を見極めるには何が大事?

休暇制度や研修制度にも注目をして職場探しをしよう

保育士は、一日中担当の乳幼児の世話や保護者のサポートを行うため、体力や精神力が必要とされます。特に、人手不足の現場においては、一人当たりの保育士の仕事量が多くなったり、残業を任されたりすることもあり、ハードワークを理由として離職を検討する人も少なくありません。そうした中、保育士として長く働ける職場を選ぶには、基本給や手当ばかりでなく、休暇制度や研修制度にも注目をして職場探しをすることがおすすめです。

たとえば、地域に密着した社会福祉法人が運営する保育所の中には、正社員の他にパートタイムの職員を多く採用することで、産休や育休を取りやすくしているところが多くあります。また、若手の保育士が自分を持って業務をこなせるよう、長期にわたるマンツーマンの研修を行っている保育所の数も増えており、新卒者や第二新卒者はもちろんのこと、再就職者も働きやすい状況となっています。

安定収入を得るなら派遣社員から正社員を目指そう

派遣の保育士が将来的に安定収入を得るには、職場選びの際に正社員登用の制度があるところを見つけることが重要です。たとえば、数ある保育所の中でも、経営状態が良いところや、職員の評価の基準がしっかりとしているところは、多くの派遣社員にとって働きがいのある職場として人気が高まっています。なお、正社員登用の基準は、それぞれの保育所の運営者の方針だけでなく、職場の正職員の人数や子供の人数などにも大きく左右されるため、採用試験の前に必ず人事担当者に相談をすることが大切です。

産休などで保育士が不足することがあります。そんなときには、保育士の派遣を大阪の派遣会社に急遽依頼できます。